江尻宿 Ejiri

江尻宿

ejiri

興津から約2Km、道路は二股に分かれた所に「ほそいの松原」(現在は松が1本のみ)があり江尻宿の入口です。江尻宿は天然の良港「清水湊」に恵まれ、廻船問屋も幕府に認可されていたこともあり大変活気があったようです。

また、本名、山本長五郎こと「清水の次郎長」は、東海一の大親分として有名ですが、明治維新後は政府から清水の治安を任され、三保の開発や富士山麓の開墾など人の為、世の為に活躍した人物で、今は梅蔭寺に眠ります。

「稚児橋」で巴川を渡りしばらく行くと追分に着きます。ここには三保で栽培された甘薯から作った名物“追分羊羹”が売られていて、現在も清水名物として人気です。街道の「追分道標」や「都田一家供養塔」を見ながら一路府中へ向かいます。
PAGETOP