府中宿 Fuchu

府中宿

fuchu

旧東海道は、江尻の狐ヶ崎付近から現在の南幹線になってしまい、静鉄「運動場駅」前から少しの間ありますが、JR東海道線の線路で寸断され陸橋を渡り古庄旧道に出て国1を横断して長沼旧道に出ます。現在の横田町から再び旧東海道に入りいよいよ府中宿です。

上伝馬本陣・脇本陣跡碑を見て家康公ゆかりの駿府城址に向います。ここは市民には駿府公園として親しまれていて、周辺には、駿府町奉行所跡碑や巽櫓、家康公お手植えみかんなど見ることができます。府中宿(静岡)は再々の火災や空襲、開発で街道に昔の面影を残すところがほとんど無く残念です。

駿府城址から約1Km、今の新通りから安倍川のたもと弥勒に出ます。ここには家康公が名付けた「あべかわ餅」を今でも手作りで食べさせてくれる老舗があります。安倍川を渡り丸子宿に向います。
PAGETOP