嶋田宿 Shimada

嶋田宿

shimada

「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と言われるように東海道随一の交通の難所「嶋田宿」です。大井川手前の「大井川川越遺跡町並み」は本当に江戸時代にタイムスリップしたかのようで、現在も実際に住みながら保存されています。

町並みの終わりには、「川会所」が再現保存されていて当時は、毎日、川会所の役人と川越え人足が川の深さ(水量)を測りその日の賃料を決めていたそうです。

川会所から2Kmほど下流には、ギネスブックにも登録された“世界一長い木製橋”で知られる、「蓬莱橋」があります。蓬莱橋は、渡るのに「渡り賃」が必要なので「賃取り橋」と呼ばれています。(歩行者大人100円、こども10円)
PAGETOP